高校生クリエイティブキャンプ 2020

審査結果

全国各地の高校生のみなさんより、たくさんのご応募を頂きありがとうございました。
応募件数・全61件の中から厳正な審査を行い、金賞1件・銀賞5件・銅賞8件を決定いたしましたので、ここに結果を発表します。

兜 PROJECT
岐阜県立岐南工業高等学校 電気研究会

親子で兜づくりを体験して、子供が兜をかぶって、笑顔を届けるプロジェクト。兜製作キットは、ゼロから完全自作しました。岐阜県で2020年10月にオープンする「岐阜関ヶ原古戦場記念館」とコラボして、子供達に兜製作ワークショップを実施するため、企画や兜製作キットの開発を行っています。2021年1月より、毎月ワークショップが実施されることになりました。

審査員コメント

昨年まで取り組んでいた催しが中止となり、普通ならそのまま蒸発してしまってもおかしくない熱意を、「兜 PROJECT」という新しい取り組みに全力で注ぎ込んだその意気が素晴らしい。デジタルファブリケーションを駆使し、自分たちのアイデアを社会に還元しようとする姿勢も評価しました。ムービー編集のクオリティも素晴らしいです。「僕たちは超おもしろい!」と自信を持って公言して欲しいと思います。

柚木 恵介

流行や事情におもねることなく、仲間と好きなものを作っている雰囲気が素晴らしい。もともと開発力を持っていることが伺える高い完成度がある。

萩原 健一

成果物のクオリティの高さに脱帽です。1月以降のワークショップでの取組を期待しています(田口)

秋田に関する武将の兜を制作していただき、秋田の地域活性化に役立てたいです。(浜崎)

兜の出来栄えに、みなさんの高い志が見えました。秋田関連で何か作ってほしいです…!(齋藤)

JR秋田支社 地域活性化室

自分達で考えたことを、周囲を巻き込みながら実現につなげたことがすごいと感じました。他から与えられた課題ではなく、自発的に行動した、完成度の高いプロジェクトでした。今後も新たな発想を取り入れながら、幅を広げて引き継いでいって欲しいと思います。

高校生のごはん応援隊(JA全農あきた)

受賞コメント

「兜PROJECT」は、長期間準備を重ねて取り組んできた活動なので、熱意や取り組み精神は誰にも負けない自信がありました! 兜のクオリティや、ワークショップとして参加者に容易に取り組んでもらえるよう組み立てやすさなども考慮していて、それらを評価してもらえてとても嬉しいです。 岐阜関ケ原古戦場記念館の副館長をはじめ、ご協力いただいた方々にお礼を言いたいです。