全国高校生 何でも、アリ。Creative Award 2021 全国高校生 何でも、アリ。Creative Award 2021 全応募作品をみる

銅賞
2021を生きる私達へ
小竹(東京都立八王子桑志高等学校)

【3分間のショートドラマ】
”今この時にしか作れないモノ、伝えたいこと”は何だろうと
この夏、夢中になって考えながら制作しました。

一見、高校生が楽しく遊んでるように見える事でしょう。
ですが、この作品は高校生だけでなく全ての人に
メッセージを込めてつくりました。

今自分が生きる事を最大限に楽しむためには何をやってみよう、、、
そんな事を考えるきっかけに、エネルギーになりますように。

そして、自分にとって価値のある時間を送れますように!

審査員コメント

自分がまず楽しくなければ人を楽しませられない。そう映像が語っているように思いました。とにかく3人娘が楽しそうなんです。

柚木 恵介

高校生のありのままの姿を作品にした、そのリアリティが素晴らしかった。
今の自分が感じていることを作品にするということが、私は表現の出発点だと思います。
鮮やかなスタート地点、誇りにしてほしいです。

いしい みちこ

3分だけど、高校生のメッセージが伝わってきました。『最高の人生の見つけ方』のモーガン・フリーマンが重なりました。

ZAZY

特に何かやりたいことがなくても、何かできる好例。「オトナ」という言葉が出てくるけど、今は経済的に物理的にできないことが「オトナ」になるとできるようになるので、やりたいことなんかそのうちできるし、もしできない時期が長くても、こうして世の中に出られる場があるのが、この世のいいところだよね。

田中 偉一郎